FC2ブログ

吉沢小放課後子ども教室



12月21日(月)
吉沢小放課後子ども教室

「科学実験教室・つかめる水を作ろう」
29名参加

2種類の水溶液を作り、一方の液をもう一方にれんげでそっと注ぐ。液が触れあった部分に膜ができてぷよぷよのかたまりになる。

計量と、薬品を溶かすことが一番大変なポイント。そこは少々緊張して頑張り、それを過ぎたら笑顔がいっぱいになる実験。

つかんだ水を見せてくれた。掌のかたまりは、キラッキラの宝石のよう。

次の実験は、スポイトで色とりどりの小さな粒を作っていく。粒のできる瞬間がたまらない!

自分の粒々をお土産に、楽しかったと帰っていった。
また来年会いましょう。
スポンサーサイト



千波小放課後子ども教室



12月18日(金)
千波小放課後子ども教室

「遊びを考えよう」
11名参加

スタッフが何かになりそうな材料を持参してきた。
大きな段ボール、お菓子の箱、etc.

いろいろ使って、みんなで遊べるものを作ろう!とスタート。

そのとたんに、的あてゲーム!秘密基地!
と作りだした。
何かわからないが、ずんずん作りだした子もいて、楽しみは膨れ上がる。

ここから覗きたい、窓つけたい、望遠鏡にしよう、どんどんアイディアがわく。下級生を助ける上級生の姿。(涙)

ここから見てごらん?となぞのマシンに招待された。中を見ても謎は深まるばかり。大満足の顔をみて、将来どんなアーティストになるのかわくわくだ。(今は謎だけど)

こういう遊びって、子どもたち大好きなんだなぁと、つくづく感じた。またやろう!

見川小放課後子ども教室



12月17日(木)
見川小放課後子ども教室(B)

「ビー玉コロコロ」
20名参加

A3くらいの箱に、スロープや迷路をとりつけて、ビー玉を転がすおもちゃを作る。

工作用紙で箱から作る。難しいしかけを入れ込んで、簡単にはゴールできないものを目指す男子。色鮮やかな飾りをつけて、個性豊かなものを作る女子。
6年男子は、2個のビー玉を使って、1個目が通過すると歯車がパタンと倒れ、2個目の通路が変更されるしくみを完成させた。実に面白い。

玉の転がる勢いを押さえるためにはどうするか…それぞれが頭をひねって何回も微調整する。出来上がって飛んでくる姿は自信に満ちている!

寿小放課後子ども教室



12月16日(水)
寿小放課後子ども教室
「科学実験教室」

おもしろ理科先生、角田先生ご指導のもと、釣りに使う糸(光ファイバー)、紙コップ、電池を使った科学工作。

紙コップに絵を描く。
光ファイバーを切って花を生けるようにコップの蓋に差し込んでいく。
コップの中の電池をON!
照明OFF!
ミュージックスタート!
クリスマス気分急上昇。
みんなの描いた絵が浮き上がって、世界に1つだけのイルミネーション。
みんなのはしゃぐ声を聞けて良かった。

双葉台小学校放課後子ども教室











12月10日(木)
双葉台B組
「影絵遊び」
17名参加。

プロジェクターを使って、影絵遊びをしました。
自分の発想でプラバンに絵を描いて、白布のスクリーンに映していました。
自分のヒーローやキャラクター、動物、花、クリマスツリー、日本地図などなど、楽しんで描き、映していました。
紙を丸めて恐竜や虫を形作って影を映したり、折紙や切り絵の影をを映す子もいました。

今日は、いま自分のクラスではドッジボール禁止になっていて、「放課後」ではどうしてもドッジボールをやりたいと訴えた子がいて、影絵の前の10分ほどでしたが中庭でドッジボールを楽しみました。発散できたのか、みんな影絵づくりに集中していました。

双葉台小学校放課後子ども教室






12月3日(木)
双葉台A組
「影絵遊び」
16名参加

プラバンに油性ペンで絵を描きプロジェクターの光を当てて、白布のスクリーンに映しました。
プラバンに絵を描くやりかたは、写し絵をしても良いし、自分の発想で描いても良いので、手軽にやれて楽しそうでした。
始めは皆の前で映すのが恥ずかしそうだった子も後から何度も映して楽しんでいました。友達とストーリーを考えて組合せて映して楽しむ子たちもいました。

双葉台小学校放課後子ども教室







11月26日(木)
双葉台 B組
「ジャンボかるた」
17名参加

八つ切り画用紙を半分にして読み札を作り、四つ切り画用紙に絵を描いて絵札とするジャンボかるたです。
グループに分かれて、籤で分担をきめ、グループで協力して作りました。
読み札や絵札をさっさっと仕上げて、将棋をしたり廊下でペットボトルの輪投げで遊ぶ子たちと、時間いっぱい丁寧に絵札を描く子たちと、様々でしたが、最後におこなったグループ対抗のかるた取りは盛り上がりました。またやりたいという声がいっぱい上がって、みんなで作ったジャンボかるた、まだまだ活躍しそうです。

双葉台小学校放課後子ども教室










11月19日(木)
双葉台A組
「ジャンボかるた」
17名参加

4グループに分かれて代表を決めてもらい、代表が読み札の頭の文字になるア行〜ワ行を籤で引いて、かるた作りの分担を決めました。
それぞれのグループにA4の白紙を配って、読み札の文句を考えてもらったら、スタッフの予想に反して、どんどん言葉が出て、読み札が出来上がって行きました。
絵札は、四つ切りの画用紙に、楽しんで描き上げていました。
後から来た4年生も、最初は興味なさそうに見えましたが、やり始めたら下級生のためにフリガナをつけたりして、熱心に制作していました。
かるた取りは、部屋の4角から各グループひとりずつ出発して、取り合いました。白熱しましたが、ケンカにもならず、皆、楽しんでいました。

堀原小学校放課後子ども教室










12月11日(金)
「カプラ」
15名参加

ドームができあがり中に入った時には、木の良いにおいがすると喜んでいました。
何組も円形ドーム作りに挑戦していて、くずれてしまっても何度もやり直したり、バランスを見ながら修正したりして取り組んでいました。
迷路やタワーや神殿みたいなものなどいろいろと楽しんで作りました。
箱にきっちり詰める片付けも、いい音もして、楽しんでいるようでした。

柳河小学校放課後子ども教室









12月9日(水)
「カプラ」
16名参加

魔法の積み木、カプラ。
みんな思い思いの物を作って、楽しい時間を過ごしました。

いつもやんちゃな2年男子が、ナイアガラの滝を集中して作っていましたが、途中で崩れてしまいました。納得できずにもう一度挑戦し、根気強く積み上げ、完成しました。
みんなが注目する中、カウントダウン、滝はきれいに流れるように崩れ落ちました。とても満足そうでした。
いつもと違う一面が見れて、スタッフも嬉しくなりました。
プロフィール

水戸こどもの劇場

Author:水戸こどもの劇場
水戸こどもの劇場の活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR