FC2ブログ

見川小放課後子ども教室




6月6日(木)  38名
「茶道体験&カプラ」

見川2回目は、子どもたちの大好きな茶道体験とカプラの組み合わせ。

茶道は10人ずつ別室に行って、講師の方からの挨拶の仕方、季節のお菓子等の話。お茶を点てる段階では、お手本のように早く手を動かせないと苦戦する子に、子どもの手を取って一緒に動かしてみる場面もありました。お友だちの点てたお抹茶、お菓子「若鮎」をおいしくいただき、大人気の茶道体験でした。

一方別室では、茶道体験を済ませ、今度は頭脳と想像力を働かせてカプラを楽しみました。

最後に6年生が終わりの会をビシッとしきってくれました。

はやま庵『きんぎょがにげた』

6月7日(金)11時から水戸市千波町にある「水戸市老人福祉センター 葉山荘」で、2018年度いばらき未来基金冠助成 「花王・ハートポケット倶楽部地域助成」事業 〜多世代交流サロン たまり場はやま庵 特別講座〜 親子であそぶ絵本の世界『きんぎょがにげた』を行いました。
NPO法人あそび環境museumアフタフ・バーバンの平川恭子さん(きょんちゃん)をお迎えしてたくさん遊びました。

最初は、きょんちゃんのウクレレに合わせて歌ったり親子で触れ合って朝のご挨拶。その後は6月梅雨にちなんで、かえるとかたつむりなりたい方に分かれて、歌を歌いながらなりきったりと楽しい遊びが次々と!それからそれから色々遊んで、チラシも使って『きんぎょがにげた』の世界に知らない間に入り込んでいました。子ども達も絵本の世界に入り込み、きんぎょが逃げていなくなった!と悲しくて泣いてしまう子がいたり、自分がきんぎょになりきってみたり、色々な表現が見られました。
楽しい時間はあっという間、最後は、きょんちゃんのウクレレに合わせてさようなら。
お土産のきんぎょを首にかけて嬉しそうにバイバイしてくれました。

参加してくれた皆さんありがとうございました。これからもはやま庵に遊びにきて下さいね。
そして、朝早くから準備をして遠くから来てくれた、きょんちゃん素晴らしい遊びをありがとうございました。

いつもは、水戸市千波町にある「水戸市老人福祉センター 葉山荘」では、毎週月・金曜日「多世代交流たまり場 はやま庵」という、多世代交流サロンが行われています。
毎週金曜日には、NPO法人水戸こどもの劇場から見守りスタッフも参加して、おもちゃで遊んだり、おしゃべりをしたり、お弁当を食べたりして過ごしています。
ぜひ、遊びにきて下さい。
きんぎょ10
きんぎょ⑨
きんぎょ4
きんぎょ1
きんぎょ3
きんぎょ2
きんぎょ5

北島尚志氏講演会

5月26日、吉田市民センターで北島尚志さんの研修会を開催しました。
「子どものあそびと育ちといのちーあそびが主食になるために」と題し遊びと権利について楽しい遊びのワークショップを交えながら、楽しく、そして真剣に学び合いました。参加は16人でした。
北島尚志氏講演会2
北島尚志し

吉沢小放課後子ども教室




6月3日(月)  32名
「カプラで遊ぼう」

子どもたちの大好きなカプラを13箱使って、色々な形を作って楽しんだ。

友達同士で作るものを決めて、カプラを縦に使い高く積み上げるグループと、倒れる危険は少ない横積みグループがいた。

ナイアガラをスタッフが作り、崩れる様子をみてもらうと、3.6年女子が挑戦。2回作って皆に見てもらった。
ナイアガラはいかに真っ直ぐずれずに積み上げていくかで、キレイに崩れる。



プロフィール

水戸こどもの劇場

Author:水戸こどもの劇場
水戸こどもの劇場の活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR