FC2ブログ

ぷちぷりミーティング









6/30(土)、訪問型病児保育「ぷちぷり」のミーティングを行いました。
スタッフの1人1人が、利用者の皆さまのこと、保険のこと、出動かごの物品の中身や点検のしかたなど、真剣に話し合いを行いました。
お子さまが病気にならないことが1番ですが、病気になってしまったときに、お仕事や上のお子さまの行事などで、病気のお子さまを預かってほしいときに利用できる「ぷちぷり」。
事前登録(無料)が必要です。
毎月、説明会も行っております。
7月の説明会は、7月12日の13:30~です。
スポンサーサイト

CAP大人ワーク

6月29日
CAP大人ワークを開催しました。
CAP.jpg
子どもワークショップの内容がわかってよかった。
何がいじめかをわかりやすく聞けてよかった。
もっと多くの親に聞いてほしい、との感想をいただきました。

安心・自信・自由 の権利を大切に、子どもたちが毎日を過ごしていけることを願っています。

CAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止)
子どもたちがさまざまな暴力から自分を守るためのプログラムです。

子どもへの暴力の問題解決には、地域・学校・家庭の協力が必要です。
そのため、子どもたちがワークショップを受ける際には、先生方と保護者の方にもCAPプログラムを提供しています。

CAPの活動に興味のある方、ワークショップの依頼などについては、水戸こどもの劇場内 CAPいばらきにお問い合わせください。


堀原小放課後子ども教室




堀原2

今日は「気持ちのワークショップ」
23人の参加です。
4つのグループに分かれて気持ちの言葉を書き出しました。
> 気持ちの言葉がなかなか浮かばなかった子も 話を聞いたり、寸劇を見る時には真剣になり、たくさん手が上がりました。>


千波小放課後子ども教室








6月29日(金)  24名
「茶道体験」

関東が梅雨明けした今日、突き刺さるような日差しの蒸し暑い中「茶道体験」をした。

点てる湯をいつもよりは冷まし、喉を潤せる形となった。

菓子は今の季節に合わせ「鮎」を用意。
中に柚子の香る求肥も入っていて、餡の苦手な子も食することが出来ていた。

毎年体験している子は、1年に1回でも覚えていて、上書きされていく。
経験の大切さを感じることをスタッフも知る機会となる。

6/28 双葉台小放課後子ども教室

双葉台1

双葉台2

工作『飛べ!プロペリン』
参加人数17人。

牛乳パックでプロペラと発射台をつくりました。見本の完成品を見て研究したり、友だちのアドバイスをもらったりして、
とても集中して製作していました。プロペラは、それぞれが工夫を凝らして、羽の数を増やしたり、模様をつけたり、ひねったりしました。飛ばしては直しまた飛ばし…。最後にみんなの前で、一人ずつプロペラの名前を発表してから飛ばしてみせました。はやぶさ!カラフルちゃん!星空!ステキな名前のプロペラたち、みんなの夢をのせて飛んでいました。

6/27柳河小学校放課後子ども教室

柳河1

柳河2

柳河3

6月27日(水)柳河小学校放課後子どもはスポーツ鬼ごっこでした。
26人参加でした。
4チームでリーグ戦で対戦しました。
よく走り回っていました。
作戦をたてるのも真剣に話し合い、上手くいかないと悔しがっていました。

吉田小学校放課後子ども教室

吉田

吉田1

吉田2

6月26日
吉田小学校放課後子ども教室
参加人数29名
『気持ちのワークショップ』
今日は講師の先生をお招きして、低学年と高学年に分かれ気持ちについて考えました。
模造紙に気持ち言葉を書き出し、みんなで共有しました。。
気持ちの劇を観て子ども達から『聞いてもらえると嬉しい、相談してみる、いろんな気持ちがあるんだね』など、という声があがりました。
待っている子達はボードゲーム、将棋などをして過ごしました。

CAP教職員ワーク開催

6月25日

CAP教職員ワークを行いました。

放課後こども教室のスタッフさんにご参加いただきました。
日々、子どもたちと接しているスタッフさんたちが感じていることなども含めて、たくさんの意見を出し合い、とても有意義な時間となりました。
CAPでは、大切な子どもたちが、もしも誰かから暴力を受けたとき、いやだ、と言っていいんだよ、だれか信頼できる人に相談していいんだよ。逃げてもいいんだよ。
…でも、もし何もできなくてもあなたは悪くない。
あなたは悪くないよ。
ということを伝え続けています。
100点取ったからとか、リレーで1位になったからとか、
そんなことが理由じゃない。
「あなたは無条件に愛される存在だから」


自分を守るための方法があるよ、ということが1人でも多くの子どもたちに届くといいな、と思います。

CAPとはChild Assault Prevention(子どもへの暴力防止)の頭文字をとったもので、子どもたちがいじめ、痴漢、誘拐、虐待、性暴力といったさまざまな暴力から自分を守るためのプログラムです。
教職員ワークショップ、おとなワークショップ、子どもワークショップの3つのワークショップで成り立っています。

CAPの活動に興味のある方、ワークショップの依頼などについては、水戸こどもの劇場内 CAPいばらきにお問い合わせください。


酒門小放課後子ども教室

酒門3

酒門2

酒門1

6月25日(月)   32名
「縁日準備」

7月9日の夏祭りの準備をした。
前回、グループごとに出店の内容を考えていたので、スタッフが用意してきた材料で製作をした。

集中してやる子、どんな遊びになるか試しながらやる子と様々だったが、次回に期待を込めることが出来ていたように思う。

帰りに6年生制作のチラシを全員に配り、ご家族やお友達を誘ってねと話した。

次回の展開が楽しみです。



外野小放課後子ども教室



参加人数は、16人でした。
夏祭りの準備1回目です、5.4年生が中心になり、何をやるかをきめました。20の意見があり、夏祭り音頭やちょうちんづくりなどの面白い意見も出ましたが多数決により、射的、シャトルラン、ヨーヨー釣りをやることになりました。
次回は、夏祭りの準備2回目です。

プロフィール

水戸こどもの劇場

Author:水戸こどもの劇場
水戸こどもの劇場の活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR