FC2ブログ

吉沢小学校放課後子ども教室 B組




3月8日(月)

吉沢小学校令和2年度の本当の最終回です。
B組の生徒さんと「茶道」抹茶を飲む体験をしました。

お抹茶を飲んだことのない子にとっては初めての異空間。
今回は自分で点てることも、お友だちに点ててあげることも出来ず、残念がる姿もみられましたが、コロナ禍の中でも出来る事として対応をしました。

来年度の募集も4月からの始まります。
またお会いできることを楽しみにします。
ご協力頂きありがとうございました。
スポンサーサイト



吉沢小学校放課後子ども教室





3月1日(月) 28名

令和2年度のA組最終回は「茶道体験」でした。

コロナ禍に配慮し、菓子はカップに入ったまま、お茶は影点てでお出ししました。例年とは違っても、子供たちには喜ばれるプログラムです。

今日のお菓子は台町の藤田屋さん。
練りきりの「うぐいす」「水仙」「梅」の中から1つ。きれいな細工に「わぁ〜」と歓声が上がっていました。

待ち時間は体育館でドッチボールや風船バレーボールなどを異年齢で楽しみました。
6年生のしきりのうまさにスタッフも安心して見ていられましたが、6年が茶道体験に行ってしまうと…低学年内で小競り合いが始まり…アララ…??…(苦笑)

放課後子ども教室に長年通った6年男子から「何をしても楽しかった、毎年同じことをしても年ごとに違った楽しみになった」と最後に話があり、スタッフがウルウル(涙)でした。

学校、保護者の皆さまのご協力もありがとうございました。感謝致します。

吉沢小放課後子ども教室



12月21日(月)
吉沢小放課後子ども教室

「科学実験教室・つかめる水を作ろう」
29名参加

2種類の水溶液を作り、一方の液をもう一方にれんげでそっと注ぐ。液が触れあった部分に膜ができてぷよぷよのかたまりになる。

計量と、薬品を溶かすことが一番大変なポイント。そこは少々緊張して頑張り、それを過ぎたら笑顔がいっぱいになる実験。

つかんだ水を見せてくれた。掌のかたまりは、キラッキラの宝石のよう。

次の実験は、スポイトで色とりどりの小さな粒を作っていく。粒のできる瞬間がたまらない!

自分の粒々をお土産に、楽しかったと帰っていった。
また来年会いましょう。

吉沢小学校放課後子ども教室 B





12月7日(月)

楽器で遊ぶ活動。打楽器の名前や音を知りました。

先生のリズムを真似して打ったり、一人ずつ自分のリズムを奏でて聴きあったり、パプリカを木琴の旋律に合わせて踊り・リズムを打ち楽しみました。

ドラムも叩かせてもらい、ドキドキしながら足と手を一緒に動かしてリズム打ちをしました。

吉沢小放課後子ども教室





11月16日(月)
「打楽器で遊ぼう」

ドラマーのはかちゃんを迎え、子供たちとリズム打ちを楽しみました。

色々ある楽器の名前や由来、音を聴いて確認したあとは、はかちゃんの叩くリズムを真似します。
よく聴いていないとリズムが叩けませんが、子供たちの耳はよく、後追いが上手に出来ていました。

「あの楽器使ってみたい」とリズム打ちの中の席移動をして体験しました。

最後は中村さんの木琴「♪パプリカ♪」に合わせ、踊る児童とリズムを奏でる児童に分かれ演奏しました。

はかちゃんのドラムも叩かせてもらい、ワクワクでした。
プロフィール

水戸こどもの劇場

Author:水戸こどもの劇場
水戸こどもの劇場の活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR