FC2ブログ

千波小学校放課後子ども教室







3月5日(金)
「好きな遊びを楽しむ(ボードゲーム)」

今日は早下校で14時~の放課後子ども教室でした。
いつも6時間授業で遅い登校の高学年が一番に来たり~。楽しい長い放課後が始まります。

今日は第1金曜日なので、2階に将棋クラブの紳士らがおられ、子どもたちの相手をして下さいました。
将棋を覚えたいスタッフも子ともをだしに一緒に参加してきました。

宿題をしたあとは沢山あるボードゲームを次々にチャレンジ。折り紙に工作に…と、友達とやりたいことをします。
スタッフも真剣に参戦し勝ちを取りにいきました。

言葉集めゲームでは、集めたひらがなカードで2文字の言葉がいくつできるかと、長い文章をつくろう!をしました。
腹を抱えて笑え、涙が出るほどの苦肉の文章が出来ましたよ。

風船バレーも汗をかくほど、楽しかったです。
来週は今年度最後の活動となります。
スポンサーサイト



千波小学校放課後子ども教室







1月19日(金)
「トリックアート工作」

トリックアートは、だまし絵とも言われ、初めて見た時の驚き…がワクワクドキドキです。
なぜ?どうなっているの?と。

今日は初めに子どもたちに、スタッフが作った作品を見せて、驚いてもらい、そのあと自分の作製をしました。
何を描こうと悩む子もいましたが、個性の出る力作が出来ていました!

迎えのお母さんから歓声をもらい、ニコニコ笑顔で満足そうでした。

みんなでゲームをしたり、バレーをしたり、自由時間も充実していました。


千波小放課後子ども教室




1月15日(金)
千波小放課後子ども教室

「魔法の積み木・カプラ」
10名参加

2回目のカプラでした。経験者たちは、少し手慣れていて、面白いものをつくりたい!と、すぐに集中モード。
本を見て、一部分だけ取り入れてみる。スタッフにアドバイスをもらい、難しいポイントを乗り越えてニヤリ。
カプラはいつもあっという間に時間が過ぎてしまう。まさに魔法だ。


千波小放課後子ども教室



12月18日(金)
千波小放課後子ども教室

「遊びを考えよう」
11名参加

スタッフが何かになりそうな材料を持参してきた。
大きな段ボール、お菓子の箱、etc.

いろいろ使って、みんなで遊べるものを作ろう!とスタート。

そのとたんに、的あてゲーム!秘密基地!
と作りだした。
何かわからないが、ずんずん作りだした子もいて、楽しみは膨れ上がる。

ここから覗きたい、窓つけたい、望遠鏡にしよう、どんどんアイディアがわく。下級生を助ける上級生の姿。(涙)

ここから見てごらん?となぞのマシンに招待された。中を見ても謎は深まるばかり。大満足の顔をみて、将来どんなアーティストになるのかわくわくだ。(今は謎だけど)

こういう遊びって、子どもたち大好きなんだなぁと、つくづく感じた。またやろう!

千波小学校放課後子ども教室




12月4日(金)

茶道(お抹茶)体験をしました。
子供たちも楽しみにしている活動。
コロナ禍の中、どのような形で実施しようか…考えて、個包装の練りきり和菓子に自分で点てたお茶を頂くことにしました。

いつものスタッフが着物を着ていたり、和室の誂えに緊張する子供もいましたが、この経験が将来どこかで物怖じせずに参加出来る一助になると思います。

今回は自分で点てるお茶のお湯をお釜からもらう形をとってみました。
プロフィール

水戸こどもの劇場

Author:水戸こどもの劇場
水戸こどもの劇場の活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR