FC2ブログ

双葉台小学校放課後子ども教室























3月11日(木)
「お別れ会」
双葉台A組
15名参加

今日の学校は特別日課でした。低学年は2時、高学年は3時下校。それに合わせて放課後子ども教室も2時〜5時半までの開催でした。
時間はたっぷり。子どもたちが宿題を済ませた頃、2時46分、東日本大震災の犠牲者に皆で一分間の黙祷。
そのあと、10年前を思い出しながら、子どもたちと外遊びに校庭に飛び出しました。ジャングルジム、鉄棒、タイヤ遊び、ドッジボール、縄跳び、子どもたちは、今日も元気いっぱいです。
外から戻って、3チームに分かれて、ジャンボかるた大会。子どもたちが作った素敵なジャンボかるた。力作揃いです。子どもたちは、愛着あるかるたを熱心に取り合いました。
次は、風船バレー大会。必死に風船を打ち、声援を送ります。そのあと、残りの時間を輪投げ、オセロ、けん玉等々、それぞれ自由に過ごしました。

コロナ禍で2か月遅れて始まった令和2年度の放課後子ども教室でしたが、なんとか無事につづけることが出来ました。来年度も、子どもたちが放課後の時間を楽しみに参加してくれることを願っています。
スポンサーサイト



双葉台小学校放課後子ども教室



















3月4日(木)
「お別れ会」
双葉台B組
16名参加

「今度はいつやるの?」「また、やりたい!」11月にみんなで作って遊んだ「ジャンボかるた」。子どもたちからリクエストが多く、お別れ会のプログラムに入りました。
3時に1〜3年生がやってくると、いつものように宿題、コマまわし、けん玉、黒板にお絵描き、思い思いの時間を過ごしました。そして、最高学年の5年生が揃って、チーム分け発表。「レッド」「ダイナマイト」「みどり」とチーム名も決まっていよいよ開始。みんな気合いが入っています。元気いっぱい取り合いました。
そのあとは、風船バレーボール。スタッフが持つネット(ビニールテープ)を挟んで、4回以内に敵側に打ち返します。みんな一生懸命でした。
最後に、子どもたちから「楽しかった」「茶道体験のとき、お饅頭がおいしかった」等の今年の感想や「何年ぐらい放課後子ども教室やってるの?」「6年生も入れるの?」「来年度のスタッフは?」等の質問がありました。みんなが、放課後子ども教室を楽しみにしてくれている気持ちが伝わってうれしかったです。
また、来年度お目に掛かりましょう。スタッフ一同、楽しみにしています。

双葉台小学校放課後子ども教室














2月25日(木)
「忍者遊び」
双葉台A組
17名参加

音楽と共に、忍者「黒みつ団」参上。大手裏剣から忍者修行の始まり〜。
「風」(散れ)、「光」(集まれ)、「地」(座れ)の合言葉を習い、お頭の「風」の合図に、子ども忍者も走ります。
目を凝らして、ポーズの変化を見分ける「見る修行」。
「冬の食べ物と言えば?」問い掛けに一斉に答える5人の大人忍者。その声を聞き分ける「聞く修行」。
手裏剣を投げて的に当てる手裏剣修行。
最後は、2チームに分かれて、敵陣の旗を奪う「チャンバラ修行」。広い体育館を所狭しと元気いっぱい駆け回りました。

双葉台小学校放課後子ども教室












2月18日(木)
「忍者あそび」
双葉台B
16名参加

6時限目が終わってやってくる4〜5年生を待って、4時過ぎから、「忍者修行」が始まりました。
まずは、「黒みつ団」のおとな忍者の大手裏剣作り。忍者の掟や合言葉も習いました。
黒幕の向こうのおとな忍者、子ども忍者のポーズの変化を見分ける「見る修行」。
声を聞き分ける「聞く修行」。
的に手裏剣を当てる「手裏剣修行」。
最後に、敵陣の宝の旗を奪い取る「チャンバラ修行」。
みんな忍者になりきり、楽しみました。

双葉台小学校放課後子ども教室







2月4日(木)
「茶道体験」
双葉台A組
15名参加

落ち着いて、教わった作法通りに出来ていました。和菓子が苦手と言っていた子もみんな食べました。
いつもと違う雰囲気に緊張したようすでしたが、終わりのの会は、楽しかったーという感想でいっぱいでした。
プロフィール

水戸こどもの劇場

Author:水戸こどもの劇場
水戸こどもの劇場の活動紹介ブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR